2009年06月16日

したらば12 行動さん物語 2 (【多角的】引き寄せの法則・肯定派専用スレ【検証】より)

行動さん物語 1(前回)

379 :行動不要論者 ◆Besd4/NoL.:2008/01/10(木) 05:31:22
(続き)
私は、愕然とした。

そんなことがあってたまるか。
いや、あるわけない。あってはならない。

自分の拠り所が崩れかけているのを感じた私は、科学と心理学の勉強をやり直すことにした。
ちゃんと理論武装すれば、このイカれた宗教もどきの教えを、頭から振り払えると思ったのだ。
(それに仕事もなくヒマだったので、ただ毎日家にいて将来の不安と戦いたくないという面もあった)

失業保険と貯金を切りくずしながら、時には母校の大学にもモグって、勉強をしばらく続けた。
が、続ければ続けるほど、それまでの常識は、ガラガラと音を立てて崩壊していく一方だった。


381 :行動不要論者 ◆Besd4/NoL.:2008/01/10(木) 05:32:22
心理学がうさん臭い理論を一刀両断してくれることを期待していたのに、勉強が進めば進むほど、逆方向に進んでる気がした。
一流大学の権威ある教授が「共時性現象が起きてうんぬん」という電話を延々としている現場に出くわしたこともある。
NLPの一部や、トランスパーソナル心理学にいたっては、ほとんどオカルトそのものの領域だった。

科学はもっとすごかった。
量子論はテレポートとか他の宇宙があるとか大真面目にいってるし、相対性理論は「時間など存在しない。空間は歪む」と断言してる。
頭がクラクラしてきたので、とうとう科学の基本まで立ち戻ったが、なぜ重力というものがあるのかは根本的にわかってないらしいし、
プラスとマイナスが引き合うことについても決定的な説明はできていないのだ。
「とにかく、そうなってるんだから、そうなんだよ」というのが、なんと、科学の末端のリクツだった。

私はいったい、今まで、何を心の支えにしてきたつもりだったんだろう。


382 :行動不要論者 ◆Besd4/NoL.:2008/01/10(木) 05:33:26
私は腹をくくった。
「ようし。そこまでいうなら、ちょっと試してやろうじゃないか」という気になった。

マーフィーか何か忘れたが、とにかく願望実現系の本を一冊買ってきて、言われたとおりにしてやってみた。

ちょっとした金額が、あっさり手に入った。

「……。いや……これは…偶然かもしれない。ちゃんと裏付けを取ろう」
私はノートに、【日記を極端に詳しくしたような記録】をつけ始めた。
数値化できることは徹底的にデジタルにした。
たとえば、今日は願い事を10回ノートに書いて30回読み返したとか、その日シンクロぽいのが2件あったとか。
もちろん何が起きたかの内容もこと細かく記録に残したが、数字の方が大切だと思っていた。

こういったオカルト系の出来事の因果関係を証明するのはそもそも不可能だ。
しかし、数値化されたデータさえあれば、そこに相関関係が存在する確率を、ある程度見極めることはできる。
今思えば、病的ともいえる熱心さで、毎日のデジタルデータ収集に取り組んでいたと思う。

しばらくして(1か月くらいかな?)、データと現実に起こった現象の相関性を解析(比較)してみた。

結果は、驚くべきものだった。


383 :行動不要論者 ◆Besd4/NoL.:2008/01/10(木) 05:35:18
ちょっと一回切りますね。続きはまたすぐに。明日かな。



行動さん物語 3
行動さん物語 4
行動さん物語 5


posted by kodo4 at 04:19 | 肯定派スレ1 中盤 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。