2009年08月25日

したらば1 時間についての行動氏の考え (【多角的】引き寄せの法則・肯定派専用スレ【検証】より)

3 :行動不要論者 ◆Besd4/NoL.:2007/12/21(金) 01:43:49
本スレで話題になった「過去は物理的に変えられるのかどうか」ということについて少し話します。


【重要】:
今から書くのは、あくまで<<私はこう考えている>>ということにすぎません。
そう考えるのが、(現時点で)一番、私にとって合理的だからです。

途中、一見科学的な説明がでてきますが、こういう説明の仕方をすれば一番てっとり早く「解釈」が伝わるので使ってるだけです。
当たり前ですが、私は科学実験を繰り返したわけではないし、数式もロクに理解できません。

だから、これを真に受けて、「LOAは科学で説明できる」みたいなことを言うのだけはやめてください。
そんなことをしたらLOAの信頼を逆に失います。
何より、人のためになることを信じて日々科学の発展のため全力を尽くしている、本物の物理学者への冒瀆です。

「ほほーそういう考え方もあるのか」くらいにオモシロ半分にとらえられない人は、読むことをおすすめしません。

その上での議論やツッコミは、もちろん歓迎です。
だって、それが面白くて我々はやってるんじゃないですか!w


では、連続でしばらく「私の解釈」を投下します。
終わった時は終了の合図を出しますのでしばしお待ちを。


4 :行動不要論者 ◆Besd4/NoL.:2007/12/21(金) 01:50:17
・時間は幻想。すべてを一度に詰め込まないようにするための、便利な道具にすぎない。

・時間があるように感じるのは、主として、内側(記憶)と、
 外側(物理現象/エントロピー現象)が補い合ってることのはたらきによる。
 自分の親がしょっちゅう別人に変わったり、こぼした水が元に戻らないから、現実世界では時間があるように見える。
 線上に連続しているように見える(時間の矢、といわれている)。

・だから記憶とエントロピーがない世界を想像できれば、時間のない世界にかなり近づく。
 (ただし、空間がある限り時間は存在するので、完璧なモデルではない)


5 :行動不要論者 ◆Besd4/NoL.:2007/12/21(金) 01:52:34
・「今」が毎瞬毎瞬、続いていく。
 過去と未来は正確には存在しないし、「今」好きなように変更可能。

・ただし、いつでも何もかも自由に変更できたら、自分が生まれてきた意味・積み重ねてきた意味がなくなる。
 よって、未来にも過去にも、変更しやすいものと非常に変更しにくいものがある。

・その変更しやすさは量子論でいう「確率」によって説明しやすくなる。

・ものの存在や現象は、観測している人が意識をしたとたん、電子・原子レベルで位置が確定し出現する(異説もあるがここでは採用しない)。

・出現する確率の一番高い現象が、毎瞬毎瞬、創りだされ続けている。


6 :行動不要論者 ◆Besd4/NoL.:2007/12/21(金) 01:53:51
・過去でも未来でも、「今」に近くなればなるほど、出来事を大きく変更できる確率は少なくなる。
 明日わたしがアメリカ大統領になる確率はほとんどゼロ。
 昨日割ったカップが今日もとに戻っている確率はほとんどゼロ。

・毎瞬毎瞬、未来が形成されていく。
 そして【未来が形成された瞬間、さかのぼって、過去がツジツマの合う形で同時に形成される】


7 :行動不要論者 ◆Besd4/NoL.:2007/12/21(金) 01:55:09
・すべての原子の位置が確定されているなら、未来(運命)は完全に予想することができる。
 しかし不確定性原理によりそれはありえないことが実証されている。

・原子の位置にあらゆる可能性があるということは、
 考えられる限りのありとあらゆる未来が存在するということである(※注・論理の飛躍か?)。

・ムー大陸(← オカ板らしい話題 w)が存在したという証拠がみつかる未来も、
 存在しなかったという証拠がみつかる未来も、同様に等しく存在する。

・このどちらかの未来が形成された瞬間、さかのぼって、ムー大陸に関する過去が形成される。
(ということは、ムー大陸人が生きていた世界と、最初からいなかった世界が同時に存在することになり、エヴェレット解釈を適用するしかなくなる)


8 :行動不要論者 ◆Besd4/NoL.:2007/12/21(金) 01:56:12
・個人レベルでも、「今」を形成した瞬間、ツジツマを合わせる形で過去を同時に形成している。

・が、まれに外側(物理世界)で確率の低い現象が出現して、ツジツマが合わなくなる場合もある。
 その場合我々は「記憶違いかなぁ」ということで、内側(記憶)の微調整でツジツマを合わせている。
 
・外れていたはずの宝くじが当たっていた、いつもの位置に置いておいたはずの本が移動していた、
 絶対したはずの電話なのに「もらってない」と言われ確かに着信も残っていなかった……「オレの勘違いかなぁ」

・これは、要するに、未来の場合の裏返し。
 外側(物理世界)で確率の低い現象が出現した場合、我々は内側(考え方)の微調整でツジツマを合わせている。
 「こんなところで会うなんて! 偶然ってあるもんだなあ」


9 :行動不要論者 ◆Besd4/NoL.:2007/12/21(金) 01:57:36
・過去を変えたいというのは、未来を変えるのと同じように可能だが、だいたいネガティブな理由に基づいてるのでおすすめしない。

・「今」を楽しく生きるようさえにすれば、過去はツジツマを合わせる形で勝手に変わる。
 (いやな写真程度なら、しまったはずの場所から消える)

・生まれた家 / 親 / 失った四肢、などの過去を変えたいというのは、
たいていそうしたい理由がネガティブなだけでなく、記憶や物理的証拠のツジツマを合わせるに膨大なエネルギーを必要とする。

・それは「明日すぐアメリカ大統領になる」という未来を叶えるくらい難しい。
 個人的には、もっと効率のいい方法で幸せにつながる道を探した方が早いと思う。


10 :行動不要論者 ◆Besd4/NoL.:2007/12/21(金) 01:58:53
・いわゆる未来予知とか予言は、「その時点でその人が観測した一番確率の高い未来」を予知している。

・だから、このままいくとそうなる可能性が高いというだけで、外れることもある。

・同じように、古代人やキリストの時代を見通せる人は、「今の時点で一番確率の高い過去」を見通してるだけ。
 後から、それが嘘っぱちだったと思われるような証拠が発見されることもある。

・ただし、外しっぱなしのインチキ予言者もやっぱり存在する(笑)

・だから、予言者が本当にいるのかどうかわからないが(私も半信半疑)、
 いたとしても神様みたいにあがめるのではなく、他の特殊能力がある人と同じ程度に捉えるのがいい。

・そして、その内容が真実かどうかよりも、「あなたの人生にとって役に立つかどうか」で判断した方がいい。
 あなたの人生の真実を創りだし続けているのは、あなた自身なのだから(←結論。きれいにまとめました www)
 
終了です。


11 :願いを叶えた名無しさん:2007/12/21(金) 02:13:41
行動不要さん、ありがとうございました。
私の場合、過去を微調整?して変えたかのように思えた出来事があり、気になっていたのですが…

非常に仲の悪かった父親と、理解し会えるようになった頃に、
父から電話が来たとき、急に
「お前をだっこしている写真が見つかったぞ、お前は本当に可愛い赤ちゃんだった」
と言われたことです。
私は、30年間、そんな写真など見たことがありませんでした。
アルバムは何度も見ていた記憶があるのに…
「あれ?忘れていただけかな?」
と思ったのですが、この時、
「もしかしたら、私が父との良い関係を引き寄せようとしていたから、過去も変わったのか?」
とも感じたのです。
行動不要さんが、過去が変わる、と言ったことに対して
非常に興味を持ったのは、この経験からなのでした。


12 :行動不要論者 ◆Besd4/NoL.:2007/12/21(金) 02:23:36
>>11
あるある。

友達と「言った」「言ってない」とかで意見が食い違うとか、
映画で子供のころ見たはずのシーンがなくなってたりとか(ノーカットなのに)。



スレ立ててくれた人ありがとう〜

疲れたのでしばらくクリスマス休暇をいただきたいと思います……


15 :行動不要論者 ◆Besd4/NoL.:2007/12/21(金) 02:27:43
まあでも、何もかも「過去が書き変わった!」で解釈するのも無理があるよな……

本当に自分の見逃しっつう可能性もあるわけで。


(でも、どう考えてもそんなわけがない状況も確かにあるんだよな。
証人が数人いるのに、物理的証拠は矛盾してるっつう)



まあいいや。




寝ます…… ノシ


13 :願いを叶えた名無しさん:2007/12/21(金) 02:23:55
>>10
お疲れ様です。
昨日、ハズレくじが当選していた実例を報告したものです。
大変分かり易いやすい説明で、興味深く読ませていただきました。
ありがとうございます。

私の場合、実は「過去は変更できるのでは?」という考えは、
気がついたときには自然に持っていた思いでした(変なヤツですねw)。
願望実現の際「これは過去の条件が変更されたとしか考えられない」
という出来事が、かなり前から度々ありました。
でも、その辺は深く追求して考えることはありませんでした。
上手く行けばそれで良く、構造がどうなっていようが構わないというスタンスだったからです。

しかし自分の中で「認識が全てである」という結論に至ったとき、
この辺のことを改めて方法論として組み込んでいきたい、と考えるようになりました。
マタ〜リと実例付で解説していきたいと思います。


16 :行動不要論者 ◆Besd4/NoL.:2007/12/21(金) 02:35:35
>>13
期待してます。できれば実例、実体験談を読みたい。

おやすみ……
posted by kodo4 at 23:12 | 肯定派スレ1 序盤 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。